転職とは

 

 そもそも転職とは、今いる企業で培った経験やスキルを活かし、企業側の求める即戦力としての人材として企業を移って働くことです。企業は市場の変化に対応するためにいろいろな戦略を元に経営をしているわけですが、企業で人材を育てて対応していくのには限度があります。そこで他の会社から適した人材を呼んできて対応するようになっていったのです。

 

タイミングとは

 

 以上のような流れで、企業が従来とは違うことを行う際に転職によって人材を獲得しようとします。ということは、常に求人があるとは限らないと言えます。

 

 例えば、あなたが今の企業の待遇に不満を持って転職しようとします。しかしながら、その時にあなたが持っている経験やスキルを求める求人があるとは限らないということです。

 

必要となること

 

 常に求人があるとは限らないので、できるだけ長期的なスパンで転職活動を考えたほうがいいのか?というとそうではありません。逆にそうなると、メリハリがつかなくなり失敗してしまう原因となってしまいます。

 

 一般的に転職活動を初めてから3ヶ月がタイムリミットであると言われています。その期間内で良い求人がなければ諦め、次の機会があるまで転職活動をしないほうがよいと言えます。区切りをつけながら活動することが成功の秘訣なのです。