今の日本ではかなりの人が転職を繰り返しています。自分の気持ちに正直な人間が増えたんでしょうか?昔はひとつの職場で一生をかけて働くというのが主流でした。

 

 今の60代から上の世代の方は、特に職人肌の方が多く長く同じ職場にとどまっていたと聞いています。それがいいのか?いけないのか?はわかりませんが、今の人達には多くの選択肢が与えられています。

 

 僕はどちらかというと転職には賛成です。自分には合わないと思ったらすぐに変えたほうがいいとおもいます。実際に働いてみなければわからないことだらけだと思いますし、なかなか自分に合った職場というのは見つからないと思います。では、自分に合わない職場っていったいどんな職場なんでしょうか?

 

 職場の雰囲気? 上司との仲? 同僚との付き合い? 自分のレベルの低さ? 情けないだけ?あるいは自分の目指しているところがもっと上のレベルだったり?と、いろいろな原因があり、悩みがあり、夢があり転職すると思いますけど。その理由がハッキリしていて転職することで前進できるのなら転職すればいいと思います。

 

 世の中全てがうまくいくはずはありませんが、若い頃の転職はおおいに結構。悩むこともありますし、考えなきゃいけないことも多いと思います。一番ダメなのはズルズル同じ職場でグチばっかり言って転職できない人。こんな人は結構います。

 

 転職することで人に迷惑をかけます。絶対に迷惑をかけます。それでも文句を言っているんだったら転職したほうがいい。いてもらうと迷惑だから。転職は前向きに考えるものです。外国ではドンドン職場を変えます。人の事なんか気にしてないです。

 

 いい転職の仕方は、心底仕事がイヤになったときか、それとは反対にみんなに引き止められても自分の想いの方が強いときだとおもいます。

 

 もし転職が決まったら、次の仕事は必ず今までやったことがない仕事にしてください。同じ職種は同じ事を繰り返します。ここは絶対に間違わないでください。そして上のレベルにいく。前向きな気持ちで仕事を選んでください。