転職者が一番気にするのは環境への適応かもしれません。例え同業種であっても環境が異なるわけですから、どうしても環境の変化に適応する必要があります。しかし、それは迎え入れる側も同じ心境だったりします。

 

 転職者を迎え入れる側も転職者を一人の仲間として迎え入れて、これから一緒に働いていくわけですから他人行儀のままではいけません。

 

 よく転職先での不満は何かと質問すると「職場の人間関係」という人がいます。確かにどうしようもない場合はありますが、大前提として新しい職場にいるということは忘れないでください。

 

 今までのやり方が通用しない可能性も十分ある中で「自分が思っているのと違う」では受け入れる側も困ります。転職者にとって都合の良い環境ばかりではありませんから、必要なことは環境に適応してそこで自分の能力を最大限に生かすことです。

 

 初めから過度な期待をするよりも少しゆとりを持って始めると心が楽です。どうあっても対立はあります。それが全く同じ商品を作っている場合でも、対立することは相手にとっても負担になりますが、必要なことであり、そこで自分というものを今一度確かめて、さらには新しい環境に身をもって知る必要があります。

 

 「全く通用しない状況に立たされた時に自分ならばどうするか」は考えておくいいことです。すんなり打ち解けられると考えるよりもこのような状況でも適応できる気概が必要です。